FC2ブログ
宿を出発した一行は、合宿に途中参加する部員と合流するために、ひとまずJR土崎駅へ。同時に水分補給等で休息をとりました。

その後、10分程歩くと、大きな工場が見えてきました。秋田総合車両センター」に到着です

車両センターの職員の方々に出迎えられ、涼しい部屋に案内してもらいました。部員一同は一息つくことができました。目の前の机の上には車両センターのパンフレットやJRのボールペンなどが入った袋が用意されていました。鉄道ファンの私たちからすれば、非常に嬉しいプレゼントでした。

車両センターの総務課の方から簡単な説明をしていただき、支給されたヘルメットを着用して、いざ出発!

戸外に出ると、SLの大きな車輪が展示されていました。案内してくださっている職員の方(以下Aさん)が横に並んでも、車輪の方が一回り大きいことがわかりました。(ちなみにAさんは身長が約175㎝とのこと。車輪は2メートルを有に超えていたと思われます。)

さらに奥に進むと、工場が見えてきました。いよいよ中に入ります。

工場の中にはたくさんの板金や機械がありました。それらの役割や用途などの解説をAさんが懇切丁寧に行ってくれました。
筆者が印象的だったのはエンジン関連ですね。排気量12000ccですよ?!

秋田総合車両センター_180809_0001


さらに進むと、何やら見覚えのあるものが置かれています。皆さん、なんだか分かりますよね?

秋田総合車両センター_180809_0006


そうです。駅によく配置されているゴミ箱です。手前のゴミ箱は透明板がついていませんが、奥のゴミ箱には装着されていますね。中を常に確認できるようにしておけば、万が一、爆発物等を仕込まれてもすぐにわかりますからね。実はこのゴミ箱の設計・開発は秋田総合車両センターで行ったそうです。

工場の外に出ると、興味深い建物が目に入りました。
秋田総合車両センター_180809_0009

秋田総合車両センター_180809_0017

秋田総合車両センターはSLが主力であった時代から現役でした。そのころからの工場が今もなお使われているのです。歴史とロマンの溢れる建物ですね。

少し歩くと、再び工場内に入りました。
秋田総合車両センター_180809_0019


ディーゼル機関車キターーー!

しかもエンジン部が取り除かれています。点検中なのでしょうか?これはかなり貴重な体験ですよ。部員一同は感嘆の声を漏らしました。

点検中と思われる鉄道車両各部もたくさんありました。

秋田総合車両センター_180809_0038


一行は再び戸外へ。移動中に興味深いものを発見しました。

秋田総合車両センター_180809_0015

209系ですね。しかも武蔵野線仕様ですよ。まさかここで出会うとは思いもしませんでしたよ。
僕と209系は赤い糸で結ばれてるんです。

一行は工場ではなく、とある部屋に案内されました。そこは「技能教習所」といい、新入社員の方々の研修などを行う部屋です。入ってすぐに座学の部屋がありました。そして壁側には、今までにJR東日本管内で発生した事故の概要説明の壁紙が貼られていました。Aさんがその1つ1つを解説していきます。

秋田総合車両センター_180809_0055
事故原因、事故後の教訓などが詳らかに記されています。その中でも一際大きく扱われている事故がありました。

秋田総合車両センター_180809_0054

記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか?羽越本線で発生した脱線事故です。不幸にも旅客5名がお亡くなりになった事故です。Aさんは、こうした事故を「隠したりせず、常に見えるようにして教訓にしている。」とおっしゃっていました。今日の鉄道はいくつもの教訓から学びを得て走っている。そしてそれを作り出してきているAさん達鉄道員の皆さんには本当に頭が上がらない。改めてそのことを実感しました。

座学の部屋の見学を終えて、隣接する部屋に入ると、そこは実地研修の部屋になっていました。実際に機械を動かしたりする、技術向上に資するべく設置された部屋です。

秋田総合車両センター_180809_0053_0

秋田総合車両センター_180809_0029
大型機械の使用法から針金の扱いなど、細部まで事細かに説明が成されています。

次に案内されたのは、実際の車両の一部を利用した研修所です。なんとドア開閉体験まで出来ました!!!

これを公開イベントなどで体験するとなると、長蛇の列ができてしまい、体験に時間がかかる……なんてことになりそうですが、この日は我々以外の団体もおらず、イベント等の開催日でもなかったので、スムーズに体験できました。
               ハマってしまい、中々譲らない大ファンもいた

研修所を後にして、一行は車両塗装所に向かいました。静電気を利用した塗装法です。塗装所には電気機関車もおかれていました。

そしてまたもや部屋に案内されます。そこには秋田総合車両センターが保有するNゲージのレイアウトがありました。イベント等で利用するそう。




がぞう
もうずっとここにいたかったヨ 運転台の現物の運転台まで完備されていました。本当に本格的なジオラマでした。学院祭等の参考にしたいものです。

そしてついに一番最初の部屋に戻ってきました。ここで部員一同は荷物整理を行い、最後に正門の前で集合写真を撮影して秋田総合車両センターを後にしました。

今回、見学をさせていただいた秋田総合車両センターの職員の皆様、本当にありがとうございました!!!

最後に秋田総合車両センターにおいて催されるイベントの宣伝をしたいと思います。8月18日にJR東日本秋田支社が、秋田総合車両センターの一般公開を行います。詳細はこちらのリンクをご参照ください。https://railf.jp/event/2018/07/20/123000.html
さまざまな貴重な体験ができるチャンスです!是非、行ってみてください!

*本ブログにおいて使用している写真は、すべて秋田総合車両センター様より使用許可をいただいております。









コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。