FC2ブログ
7月末に行われた夏合宿、学院鉄研に休みはありません。あるビッグイベントのためです。


そう、鉄道模型コンテスト2018!

昨年度に引き続き、2度目の出場を果たしました。

今回制作したジオラマのテーマは、ふたつの立体交差〜西武新宿線・JR山手線・新目白通り〜

高田馬場〜目白間の、複雑な立体交差を忠実に再現しました。

ジオコン2018 その2


神田川の橋は、補強材を作り分け、年代による構造の違いを表現。

特徴的な架線柱は既製品を丁寧に切り貼りしています。

ジオコン2018 その4


新目白通りはグラフィックソフトを利用し、車線の数やマンホールの位置まで正確に再現。

ジオコン2018 その1


ジオラマを紹介する映像はもちろん、来場者に見ていただく解説パネルも制作しました。(1枚目の写真に写っています)

そんな今回のコンテスト、結果は…

ベストムービー賞ベストプレゼンテーション賞

そう、史上初のダブル受賞です!昨年度は異なり、ジオラマ以外での受賞となりました。学院鉄研の新たな実力を示すことができたのではと思います。

ジオコン2018 その3

2つの盾と賞状が、綺麗に飾られています。

来場してくださった方々からも、「見覚えのある景色」、「とてもリアル」、「どうやって作ったんですか?」など、興味を持っていただけたようです。(◯急電鉄の運転士の方がお声かけくださった時は驚きました…)


コンテストの間、他校の作品も見に行きましたが、

空想に溢れたロマンのある作品
現実の風景や出来事を忠実に再現した作品
有名な街を一つのジオラマに納めた旅行気分を味わえる作品

といったような様々な作品に出会い、とても良い刺激になりました。今回はそれらのほんの一部を写真にて紹介します。

ジオコン2018 その6

ジオコン2018 その7

ジオコン2018 その8

ジオコン2018 その5



今回受賞した映像は、YouTubeにアップロードされているので、自由に見ることができます。



本校だけでなく、他校の動画も多数投稿されているので、ぜひご覧ください。


そして、8月にはもう一つ、重要なイベントがありました。

中高合同車両基地見学です。

今回は、神奈川県の国府津車両センターを見学させていただきました。今回は、その中でも技能研修所の写真を少しだけお見せします。(写真の掲載は、現地で許可をいただいています。

この施設では、本物の車両を使った教材を多数設置しており、普段知ることのできない機構の仕組みを、動かしながら学ぶことができるそうです。

国府津その2

リニアモーター駆動のドアや、

国府津その3

真空装置を利用したトイレ

国府津その1

本物のシングルアーム式パンタグラフなど、様々な装置をボタンで動かせるのでとても勉強になります。個人的には、ドアの駆動部分を見たり、実際に動かしたことが楽しかったです。

また、10月下旬に、国府津車両センターでは一般公開のイベントが行われるそうです。興味を持ってくださった方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

国府津車両センターの皆さま、ご協力ありがとうございました!


夏休みも残り少ないですが、鉄研では学院祭に向けてジオラマの制作を鋭意遂行中です。10月に向けて、部員一同頑張っていきます。


それでは、また近いうちに。



コメント

非公開コメント